new!最強の取引所クリプトGT
GMOコイン

スマホアプリが優秀!GMOコインの登録方法を解説ピヨ

とりにく
とりにく

今回は国内仮想通貨取引所で金融大手、

GMOコインの登録方法について解説していきたいと思います。

まだ登録してない方はこちらから無料登録↓

 

GMOコインの概要

GMOグループについて

金融商品を取り扱おうとしている方で、GMOという会社名を聞いたことがない方は少ないでしょう。

メインはインターネット事業になっていますが、『GMOクリック証券』や『FXプライム』などの金融取引業をもともと事業として行っています。

おそらくそこでのノウハウを用いて、GMOコインでも多くの人に快適な仮想通貨の取り引き環境を提供してくれることでしょう。

GMOコインで取り扱いの仮想通貨

GMOコインの取り扱い仮想通貨は5種類で

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • リップル

BTCやETHだけでなく、アルトコインも売買することができます。

アルトコインFXがある

GMOコインは国内取引所の中でもアルトコインの取り扱い数はトップクラス。せっかくアルトコインFXをするのであれば、色々なアルトコインに投資をしたいですよね。

日本の仮想通貨ユーザーに人気のあるリップル(XRP)をはじめ、イーサリアム(ETH)、さらにはライトコイン(LTC)を含む計5通貨でアルトコインFXが楽しめます。

GMOコインが他の取引所と違うメリット

それでは、GMOコインが他の仮想通貨取引所と違って魅力的な部分をご紹介していきたいと思います。

大手金融企業の安心感

それまでのベンチャー主体の取引所では、サーバーダウンやサポートのレスポンスの悪さなどが多少懸念されていましたが、すでに実績のあるGMOなのでトラブルが起きる心配も幾分か少ないと思います。

大手が運営している安心感というのは多少なりともあるかと思います。

アプリ・ツールが使いやすい

FXで実績があるからこそ、ツールの使いやすさも申し分なさそうです。特にFXについては、GMOクリック証券を基に作られているようなので、FXから仮想通貨FXに移行する人にとっても始めやすいかと思います。

手数料がシンプル

GMOクリック証券でもそうですが、手数料無料が多く分かりやすいところもGMOコインの魅力です。入出金に関してほとんど手数料が無料。

ただ気を付けるべきポイントは、GMOコインは厳密には販売所となっており、仮想通貨の細かい価格はGMOコイン側が決めています。

これによって利用者は仮想通貨を高く買って安く売ることになるのですが、その差額(スプレッド)も十分に理解して売買をしていく必要があります。

キャンペーンが魅力的

今年に入ってからのキャンペーン情報は見かけませんが、以前はキャンペーンを実施しており、上で簡単に触れたスプレッドを減らすキャンペーンを行っていました。

スプレッドが20~50%OFFになることは結構大きいので、再び実施されればありがたいですね。

GMOコインのキャンペーン情報

GMOコインの口座開設でビットコインがもらえる!

現在、GMOコインでは口座開設完了するだけでもれなく20,000Satoshiプレゼントキャンペーンを開催中です。

Satoshi(サトシ)とはビットコインの最小単位の呼び方で「1Satoshi = 0.00000001BTC」です。

20,000Satoshiは0.0002BTC相当となります。

無料でビットコインをもらえてお得ですので、とりあえず口座開設だけでもサクッと済ませておきましょう。

GMOコインの登録に必要なもの

まず仮登録するには

  • メールアドレス
  • パスワード

本人確認書類を提出しますので、準備しておきましょう。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

 GMOコインの登録手順

メールアドレスの入力

上のリンク先がGMOコインの登録画面となっています。

上のような画面に飛ぶかと思いますので、『無料口座開設』をクリックしましょう。

上の画面でメールアドレスを入力しましょう。

パスワードの設定

メールアドレスを登録すると、そちらのメールアドレス宛にGMOコインからのメールが届きますから、メールを開いてください。

上のように貼り付けられたリンクからパスワード設定画面に飛び、リンク先のページでパスワードの設定を行ってください。

GMOコインのウォレットは、あなたの大切な資産を保管する場所でもあります。

  • 他で使っているパスワードを使い回さない
  • パスワードは英数字と記号を入り混ぜて複雑にする
  • 忘れないようにきちんと保管&他人に知られないようにする

この3点は最低限守るようにしましょう。

個人情報の入力

パスワードを設定したら、さっそくGMOコインにログイン。

上のような画面が出てきますので、このまま『無料口座開設』を行いましょう。個人情報を入力していきます。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 口座開設の目的
  • 職業

などを入力していきます。注意すべき点は、「電話番号」は後ほど二段階承認のSMS受信で必要になるので、携帯電話に設定することをおすすめします。また、住所に関しても、後ほどハガキを受け取ることになりますので、本人が受け取ることができる住所を入力してください。

本人確認書類の提出

次に、本人確認書類を提出します。提出と言っても、サイト上にアップロードするだけですので簡単です。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(通知カードは不可)
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

の中からお持ちの書類を選択して写真をアップロードしましょう。

本人確認ハガキの受け取り

本人確認書類の提出が完了したら、郵送での本人確認用ハガキを受け取るだけ。

GMOコインはありがたいことに受け取り日時を指定することができます。また、郵送されるまでも日数が短いのも優秀。

GMOコインの口座開設トラブルシューティング

メールアドレスを登録できない

エラーが出てメールアドレスを登録できない場合は、メールアドレスの入力間違いの可能性があります。

hogehoge@hogege.com、hogehoge@hogehoge.ne.jpのようなメールアドレスの形式になっていないと登録できません。

携帯電話のキャリアメール(@docomo、@ezweb、@softbank)などは迷惑メールフィルタによって、認証メールが届かない可能性があるので、迷惑メールフィルターの設定を確認し「no-reply.coin.jp@z.com」からのメールを受信するように設定しましょう。

また既にそのメールアドレスで口座が開設されていたり、過去にそのメールアドレスで口座を開設し、現在は閉鎖されている場合もそのメールアドレスでは登録できません。

その場合はGMOコインのサポートに問い合わせましょう。

Facebookアカウントで登録できない

FacebookアカウントでGMOコインの登録をするには、Facebookにメールアドレスが登録されている必要があります。

もしメールアドレスの登録ができていない場合は、メールアドレスを登録してから再度試してみましょう。

認証メールはFacebookに登録しているメールアドレスへ送信されますので注意しましょう。

口座開設の手続きが遅い(審査が遅い、口座開設のお知らせハガキが届かない等)

通常、口座開設申し込みが完了後、1~2営業日で審査は完了し、口座開設のお知らせハガキが発送されます。

ただし審査の状況によってはもう少し時間がかかる場合もあるので、1週間ほど待っても審査が完了しない場合、GMOコインのサポートに問い合わせてみるといいでしょう。

またなかなか審査が完了しないと「もしかして審査に落ちたのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、もし審査に落ちた場合はちゃんと「審査の結果、口座開設をしていただけませんでした。」というメールが届きます。

メールが届いていないということはまだ審査中ということです。

口座開設のお知らせハガキを受け取れなかった、紛失した

口座開設のお知らせハガキは佐川急便で届きます。

もし不在だった場合は不在票が入っているので、保管期間内なら再配達をしてもらえます。

保管期間は約1週間ほどなので、期限を過ぎてしまうとハガキはGMOコインへ返送されます。

返送されるとGMOコインから再配達の連絡が来ます。

また紛失などでも再配達をしてもらえるのでGMOコインのサポートから再配達の依頼をしましょう。

審査に落ちた、口座開設ができない

GMOコインでは口座開設時に審査を実施しており、審査に落ちてしまうと口座を開設することはできません。

審査基準は公開されていないので、審査に落ちた理由などは教えてもらえません。

またGMOコインの口座開設基準は以下のようになっています。

・満20歳以上の個人であること(法人は不可)
・成年被後見人その他の制限行為能力者でないこと
・日本国内に居住していること
・登録するメールアドレス又は電話番号が他のお客様のものと重複していないこと
・外国の重要な公人(外国PEPs)でないこと
・反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有しないこと

上記の基準を満たしていれば外国籍の方でも口座開設は可能です。

また本人または家族が銀行や証券会社に勤めていても大丈夫です。

運転免許証やパスポートを持っていない

運転免許証やパスポートを持っていない場合でも、各種健康保険証や住民票の写しでも大丈夫です。

記載されている住所等が旧住所になっていると登録できないので、先に本人確認書類の住所変更をしてから登録するようにしましょう。

→ GMOコインの口座開設はこちら

GMOコインのアプリ

GMOコインのトレードアプリ「ビットレ君」は、豊富な情報を見ながらトレードでき、1タップで即時注文ができる他、全9種類のテクニカル指標が利用できるチャート機能もあります。

取引アプリの中でも評判が良く、ビットレ君があるからこそGMOコインを利用するというユーザーも中にはいます。

神業FXトレーダーのKAZMAX氏もチャートを見るのにはGMOのビットレ君を用いていると発言しています

GMOコインの登録方法まとめ

どうでしょうか?

GMOコインや、DMMビットコインの国内取引所比較検証記事もアップしておりますので、

是非複数登録して、どれが自分に一番合っているか考えてみてください。

1つしか取引所を持っていないとCoinCheckハッキング事件や、Zaif事件のように

ハッキングや盗難に遭い、動かせなくなる、なくなるといった現象があります。

是非複数登録して資産を安全に管理しましょう。

まだ登録してない方はこちらから無料登録↓