new!最強の取引所クリプトGT
bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)がマイナス手数料開始!手数料で儲けるコツ

どうも。とりにくです!

ビットバンクからなにやらメールが。。

ん?マイナス手数料導入・・・?

Maker-0.05%・・・-0.05%!?

ビットメックスのマイナス手数料の2倍じゃん!!!ヤバい!!これはやばいぞ!!

 

国内取引所でとても安定している取引所bitbank登録はこちら↓↓

あわせて読みたい
図解ピヨ!bitbank(ビットバンク)新規登録方法・評判・口コミ国内取引所でXRPリップルの取引量No.1ビットバンク (bitbank.cc) の登録・口座開設方法を初心者向けにわかりやすく解説。売買手数料無料キャンペーン延長中!!セキュリティや評判や口コミも。便利で見やすいスマホアプリあり・ビットバンクトレードも使えるようになる!?...

 

bitbank(ビットバンク)の手数料無料キャンペーン

bitbankは昨年から全ペアでの売買手数料無料を全面的に押し出していました。

これは売買手数料を無料にすることでトレードを盛んにし、出来高量が増えることによって取引所としての価値も高くなることを狙ったビットバンクの戦略的やり方だったと思います。

少なからず、この戦略によってビットバンクで仮想通貨(暗号資産)を買う人は増えて、キャンペーンも延長に延長を重ねていましたし、登録もたくさんあったのではないかと考えられます。

bitbank(ビットバンク)の新手数料

新手数料体系の導入について

新しい売買手数料導入日・・2019年1月5日(土)0時~

対象ペア・・ビットバンクの全ペアに適用。

新手数料体系では、Maker(指値)取引にマイナス手数料を導入しています。

そのため、板をつくるMakerに対して売買金額の0.05%が報奨金として支払われます。

これを利用することで、より低いスプレッドの形成による価格発見能力の向上、ならびに流動性の増加が期待されます。またMakerとして同値で決済することで、マイナス手数料による収益をあげることが可能になります。

正直・・・

やべえピヨ!!

説明していくよ~

bitbankのMaker(メイカー)手数料

このMaker(メイカー)とは取引する板を形成する指値たちのことをいいます。

板が薄い=オーダーの量が少ない=注文が通らない!

板が厚い=オーダーがいっぱい並んでいる=注文が通りやすい!

ということが発生します。

もちろん後者のほうがいいですよね?

なので板をMake(作る)人には手数料を付与しますよ~ということ。

これはBitMEX(ビットメックス)も同じで、Makerには-0.0250%のマイナス手数料を付与してくれます。

もう気づいた方もいると思いますが、bitbankは-0.05%なので、

BitMEXと比べると2倍のマイナス手数料なのです!

手数料で儲けるには2倍儲けやすいということなのです!!

bitbankのTaker(テイカ―)手数料

Taker(テイカ―)手数料は成行注文手数料とも表現されます。

成行は注文板を消費するので、手数料がかかります。

bitbankの新手数料体系では0.15%となっており、

BitMEXでは0.075%なのを考慮するとお高めの設定になってます。

注文するときはできる限りMaker(指値)注文をしましょう!!

Taker(テイカ―)手数料キャッシュバックキャンペーン

この新手数料体系に変更すると同時に新しいキャンペーンが開始になります。

「プレミアムテイカーキャッシュバック」キャンペーン

2019年1月より、毎月の合計売買金額が1億円を超えたお客さまに対して、集計期間内の全取引のTaker手数料の20%をキャッシュバックするというもの。

集計期間:毎月1日00:00:00から月末日23:59:59まで

対象取引ペア:BTC/JPY, XRP/JPY, MONA/JPY, BCC/JPY

キャッシュバック条件・・対象取引ペア全体で、日本円換算で合計1億円以上の売買を行う

キャッシュバック対象・・当該期間内の全取引のTaker手数料の合計

キャッシュバック率・・20%

付与:翌月10営業日以内にキャッシュバック対象アカウントに日本円で付与します。

〈留意事項〉

・売買はMaker/Takerの別を問いません。
・売買金額は、取引ごとに計算されます。たとえば期間内に1BTCが10万円の時に100BTCを取引し、集計期間終了時に1BTCが100万円になった場合でも、初日の売買金額は1000万円(10万円×100BTC)となります。
・Makerのみを行いキャッシュバック条件に達した場合、キャッシュバック金額は0円となります。
・キャンペーンの終了は、終了日の2週間前に告知します。

Takerのキャッシュバックのキャンペーンですが、Maker取引でも取引量は集計に反映されるのがいいですね。

銘柄が限定されているのでよく確認してください。

結構、日本円換算1億円ってのが大変ですが、是非挑戦してみましょう。

マイナス手数料で儲けるコツ

マイナス手数料をうまく利用して手数料で儲ける方法を解説していきます。

基本は順張り(トレンドの方向でポジションを取ること=上昇トレンドなら買いから始める)で、ごく小さい幅でいいので、とにかく回数取引しましょう。

買って、売って2取引なので0.05%×2=0.1%になります。

1BTC売買すれば、0.001BTCが手数料として付与されます。

これを10回繰り返すだけで0.01BTC(1BTC=40万円換算でも4000円)の利益になります。

BitMEXであれば-0.025%と還元が半分なので同じ利益を得るには2倍取引するかレバレッジを上げてロットを大きくする必要があります。

過去にZaifもマイナス手数料をやっていましたが、1取引200円までと還元上限額が設定されていました。

その分、たくさん取引を重ねないといけなかったのですが、bitbankでは上限設定はないので、自分のできるロット(ポジションの大きさ)で取引すれば大丈夫です。

国内取引所でとても安定している取引所bitbank
登録はこちら
↓↓

あわせて読みたい
図解ピヨ!bitbank(ビットバンク)新規登録方法・評判・口コミ国内取引所でXRPリップルの取引量No.1ビットバンク (bitbank.cc) の登録・口座開設方法を初心者向けにわかりやすく解説。売買手数料無料キャンペーン延長中!!セキュリティや評判や口コミも。便利で見やすいスマホアプリあり・ビットバンクトレードも使えるようになる!?...

 

まとめ

どうだったでしょうか。

無料もとても魅力的でしたが、マイナス手数料の魅力はもっと素晴らしいものがあると思います。

指値注文のマイナス手数料で儲けるウマミを知ってしまえば、

わざわざ高い手数料を払って成行注文を使いたいと思うことも少なくなるのではないかと思います。

是非参考にしてほしいピヨ!