new!最強の取引所クリプトGT
おすすめ取引所

仮想通貨はクレジットカード禁止?現在クレカで購入できる唯一の取引所とは?

とりにくです

年末爆上げの期待がされてきましたが、なかなかそうもいかない空気・・。

でも、今安いからこそ、とりにくはボーナスで買おうかなと思ってます。

だって30万円台なんてもう見れないかもしれないし。

クレジットカードで仮想通貨を買うことができたら、もっと買えるのに・・・

億り人として有名なニシノカズさんクレカで10万で仮想通貨を購入し1年で5億まで資産を増やした話は有名ですよね。

元手はないけど、チャンスが来たときにニシノカズさん、みたいにチャンスをつかみたい!と思っている方がいるかも知れません。

でも、日本ではクレジットカードで仮想通貨は買えない?違法?

なんで国内取引所はクレジットカード(クレカ)での購入が禁止なんだ?使えるところはないの?(結論を言うとあります)

今回はそんなテーマです

クレジットカードで仮想通貨を買える?

仮想通貨を買うためには

現金または他の仮想通貨が必要です。(当たり前っちゃ当たり前)

国内の仮想取引所ではクレジットカードでの仮想通貨の購入はできません。(2018年現在)

国内でクレジットカードで仮想通貨を購入することが禁止

違法?なぜクレジットカードで仮想通貨が買えなくなってしまったのか

クレジットカードで仮想通貨を購入することは、

クレジットカードのショッピング枠を現金化」することと同じことになります。

仮想通貨は通貨であり、現金(日本円等の法定通貨)と交換することができるため、

仮想通貨をクレジットカードで購入できると、クレジットカードの利用枠をまるごと現金化することが可能になってしまうのです。

クレジットカードの現金化はクレジットカード規約に違反するから。

クレジットカード会社におけるクレジットカードの現金化の禁止も理由は何なのでしょうか。

クレジットカードには、キャッシングというお金を借りるための機能がついています。その為、本来であればこの機能を使ってお金を借りる必要があります。

クレジットカードのキャッシングは、利用しても返済出来ると判断した金額しかお金を借りる事が出来ないようになっています。

そのためショッピング枠を使って現金を作られてしまうと、利用した金額を払ってもらえない危険性が高まります

このような理由で、クレジットカードの現金化を禁止しているのです。

以前はZaifやコインチェックでクレジットカード払いができた

2018年1月にとりにくがZaifで仮想通貨を2万円分買った記録が残っていました。

以前は買えていたのです。しかし、普及とともに現金化の問題に直面し、

VISA,MASTERといった海外ブランドが仮想通貨購入での利用をやめるように声明を出したこともあり、世界的に仮想通貨をクレジットカードで買うことが難しくなりました。

今でもクレジットカードで仮想通貨を買える取引所

実は日本や米国の取引所ではもう使えませんが、今でもクレジットカードで仮想通貨を買うことができるクレジットカード提携の取引所が残っているのでクレジットカード決済ができます。少数ですが。

Coinmama(コインママ)、Changelly(チェンジリー)という両替所で現在もクレジットカードで仮想通貨を買うことができます。

どちらの取引所も日本語対応はありませんので、お手持ちのパソコンやスマホの翻訳機能を使って表示させつつ、とりにくが解説記事を書いているので参考にしてください。

Changelly(チェンジリー)

Changelly(チェンジリー)はチェコ共和国にある会社が運営しています。

あらゆる仮想通貨を取り扱っていて、その種類なんと100銘柄以上。ビットコインを始めとする仮想通貨をクレジットカード決済できます。

国際ブランドのVISAカードを使うことができます。提携しています。

詳しくはこちらの記事で丁寧に解説しているので見てみてください↓↓

あわせて読みたい
取引所?両替所!?Changelly(チェンジリー)の登録方法こんばんわー とりにく(@crypto_toriniku)です! と思ったことあるピヨ? そんなあなたにおすすめな仮想...

Coinmama(コインママ)

スロバキアの会社が運営している「Coinmama」。

BTCをはじめ、ETH、XRPなどの7種類のアルトコインもクレジットカードで購入することができます

クレジットカードで仮想通貨を買うときの手数料

クレジットカードで仮想通貨を購入しようとすると、取引手数料以外に、クレジットカード会社に支払うクレジットカード決済手数料が購入額の5%上乗せされます。

Changelly(チェンジリー)であれば、両替手数料0.5%+クレジットカード決済手数料5%=5.5%の手数料になります。

仮想通貨をクレジットカードで購入するデメリット

デメリットは上記に述べたようにクレジットカードの決済手数料5%が上乗せされる分、指値取引で買うよりも割高になります。

しかしながら、クレジットカードのポイント(楽天ポイントなど)がついたりというメリットもあります。

何よりも、仮想通貨の値動きは50%~100%に到達することもあるので、そのチャンスを考えたら気にならないという方もいるかも知れません。d

まとめ

世界的にクレジットカードで仮想通貨を購入することができる取引所は少なくなりましたが、

今回紹介したCoinmama(コインママ)とChangelly(チェンジリー)ではビットコインを始めとする仮想通貨をクレジットカード決済が可能です(2018年現在)

 

Changellyのほうが取り扱い通貨種類も多く、2013年から仮想通貨両替所をやっている老舗なので、安心もあり、とりにく的にはChangellyがオススメです。