CryptoGT(クリプトGT)

違法取引の疑惑!?CryptoGTのXRPトレードバトルが開催中止でモヤモヤ!!真相・経緯まとめ

toriniku
toriniku
こんばんは、とりにくです。

最近、とりにくも使っているcryptoGTという海外取引所が

仮想通貨FXのトレーダーや、インフルエンサーを集めて、

「トレードバトル」を開催することを決定していました。

賞金100万円ということもあり、とりにくも声がかかれば絶対に出たい大会でした。

しかしながら、残念なことに延期になってしまったのです・・・

CryptoGTってどんな取引所?

キプロスに本社を置く、海外仮想通貨FX取引所であり、

ビットコインを始めとする仮想通貨を8種類取り扱うFX業者です。

現物取引は扱っておらず、FXのみに特化しています。

CryptoGTに詳しくはこちら↓

あわせて読みたい
CryptoGT(クリプトGT)の特徴・評判と登録方法を図解ピヨCryptoGT(クリプトGT)の評判・口コミを中心にスプレッドや手数料などの取引所の特徴を図解で解説!2段階認証の設定・入金・出金や登録方法。キャンペーン。MT5の使い方。JPY日本円ペアの取り扱い情報やbitmexとの比較。レバレッジ200倍でアルトコインFXができる銘柄一覧。8/6アプリ登場!...

トレードバトルってなに?

「ゼロはじ」とのコラボ企画

https://twitter.com/Crypto_GT_/status/1044891868150939648

「ゼロから始めるビットコイン」(通称:ゼロはじ)の運営する日本最大の仮想通貨サイトと

CryptoGT公式が協力して、トレーダー達に仮想通貨トレードを楽しんでもらい、

仮想通貨業界を盛り上げていこうという素晴らしい取り組みです。

基本ルール

1人あたり2000XRP(1XRP60円換算で12万円)を主催であるCryptoGT側から支給。

それだけを証拠金にどこまで仮想通貨を増やせるかを競うバトル。

参加者は有名トレーダー、インフルエンサーが合わせて15人。

・502おじさん
・BULLヒロさん
・kazuさん
・ひよこ@仮想通貨情報さん
・INOI井上さん
・イムホテップさん
・にっし~だやさん
・Kiwaneさん
・赤飯さん
・テクノファンダさん
・フルフリさん
・青ハチミツダルマさん
・やっくん/YAKKUNさん
・会社を首になったシャケ@2500万借金返済人間さん
・Kitaさん

(ゼロはじ掲載順)

指定の期間は10月1日~10月31日の1か月間で行われる予定でした。

優勝賞金100万円!!

 

なぜ延期になったのか

急にCryptoGTから延期のお知らせが・・。

Twitterにはびこるアンチコメント

とにかくFXとかCryptoGTを批判してインフルエンサーになりたいだけの人がいっぱい。

どこの取引所にもそれなりに使うメリットやデメリットは存在します。

メリットをうまく使うことより、悪いところや噂だけで虚偽の情報を流す人も。

ひどい言い方ですね。(一部画像情報に差し替えております)

アフィリエイト広告について規制があるのはあくまで今のところ、日本企業に対してです。

違法営業?いわれのないデマ情報

もっとも問題とされた元のツイートは削除され(CryptoGTの削除要請に従って行ったと考えられます。)、現在は確認することができません。

大まかな内容として

・日本の認可取引所ではないのにもかからわらず、アフィリエイト広告や、FX商取引を行っていることが資金決済法の違法行為に当たるとの指摘。

・仮想通貨交換業における過大なアフィリエイト広告の自主規制に反する行為であると指摘。

もともと海外に本社を置き、日本に支社をもっていないため、

日本の金融商取引の法律に違反する(違法行為)などという表現こそ不当な表現であり、

現物取引をしていないため、認可を受ける必要性さえありません。

不当なひがみ・妬みによる事実無根の書き込みだったことが伺えます。

https://twitter.com/kumasanmax0601/status/1047014450484654082

金融庁にわざわざ電話して確認を取った方もいたみたいですが、

法律的角度からも全く問題なし

そして謝罪

このトレードバトルについて批判・事実を誤認させるようなツイートを行った中心人物より謝罪のコメントが発表されました。

誤った情報を流してまだCryptoGTのことをよく知らない人にとって非常に不利益をこうむったのですから、謝罪があって当然ですよね。

しかし、謝ったからと言って、トレードバトルは延期になった事実は変わりません。

かなしい・・。

仮想通貨交換業とは

金融庁認可取引所

登録完了済の業者は全部で13社。これらの会社は日本国内で仮想通貨の現物取引をすることを認可されています。

会社名 登録番号 登録日 リリース・コメント
マネーパートナーズ 関東財務局001 2017/09/29 仮想通貨交換業登録のお知らせ
QUOINE 関東財務局002 2017/09/29
bitFlyer 関東財務局003 2017/09/29 仮想通貨交換業者登録完了のお知らせ
ビットバンク 関東財務局004 2017/09/29 仮想通貨交換業登録完了のお知らせ
SBIバーチャルカレンシーズ 関東財務局005 2017/09/29
GMOコイン 関東財務局006 2017/09/29 仮想通貨交換業者登録のお知らせ
ビットトレード 関東財務局007 2017/09/29 仮想通貨交換業者登録のお知らせ
BTCボックス 関東財務局008 2017/09/29 仮想通貨交換業者登録完了のお知らせ
ビットポイントジャパン 関東財務局009 2017/09/29 仮想通貨交換業者登録完了に関するお知らせ
フィスコ仮想通貨取引所 近畿財務局001 2017/09/29 仮想通貨交換業者に登録されました
テックビューロ 近畿財務局002 2017/09/29 仮想通貨交換業者の登録を正式に完了
DMM bitcoin 関東財務局010 2017/12/01 2018/1/11より新サービスで再開
ビットアルゴ取引所東京 関東財務局011 2017/12/01 ヤフー子会社が資本参加し2018秋に再開予定
Bitgate(旧FTT) 関東財務局012 2017/12/01
Xtheta(シータ) 近畿財務局003 2017/12/01 仮想通貨交換業者登録完了のお知らせ
BITOCEAN 関東財務局013 2017/12/26

仮想通貨交換業

資金決済法上の「仮想通貨交換業」とは、以下のように定義されています。

資金決済法2条7項
この法律において「仮想通貨交換業」とは、次に掲げる行為のいずれかを業として行うことをいい、「仮想通貨の交換等」とは、第一号及び第二号に掲げる行為をいう。
一 仮想通貨の売買又は他の仮想通貨との交換
二 前号に掲げる行為の媒介、取次ぎ又は代理
三 その行う前二号に掲げる行為に関して、利用者の金銭又は仮想通貨の管理をすること。

このように、仮想通貨の売買の「媒介、取次ぎ又は代理」(2号)を、「業として行う」ことも、仮想通貨交換業にあたるとされています。

当然ながら、CryptoGTはこれに該当する取引を現在行っておりません。

しかし、日本で仮想通貨の現物取引を含めた金融商品を売買することを始めようとすると、この仮想通貨交換業の認可を取らなければ違法営業になってしまいます。

中華系取引所のBinance(バイナンス)はそういった動きの中で、日本人サポートの取りやめに至りました。

まとめ

それでもCryptoGTは素晴らしい

CryptoGTに違法性は全くなく、とりにくはこれからもトレードに利用していく予定です。

売買価格差(スプレッド幅)の縮小や、使いやすさはピカイチですし、今回の批判についての対応も素早く、信頼のおける取引所だと感じています。

CryptoGTはいわれのない批判に厳然と対処した上で、参加予定だったトレーダーや、楽しみにしていたユーザーに謝罪。

こんな紳士なCryptoGTをとりにくは全幅の信頼をしています。

https://twitter.com/Yuki_coiner1/status/1046313187027509248

https://twitter.com/gazeru_xrp/status/1040512854191878144

他のトレーダーも気づいてる人は気づいてますね。

日本国内の取引所だけではできない、ハイレバレッジ取引も是非体感してみてください。

とりにくが思うクリプトGTの良いところ、デメリットも下記記事でまとめているので見てくれピヨ!!!↓↓

あわせて読みたい
CryptoGT(クリプトGT)の特徴・評判と登録方法を図解ピヨCryptoGT(クリプトGT)の評判・口コミを中心にスプレッドや手数料などの取引所の特徴を図解で解説!2段階認証の設定・入金・出金や登録方法。キャンペーン。MT5の使い方。JPY日本円ペアの取り扱い情報やbitmexとの比較。レバレッジ200倍でアルトコインFXができる銘柄一覧。8/6アプリ登場!...

CryptoGTはこちらのバナーから登録↓↓

有志メンバーで勝手にトレードバトル開催!?

最初の参加メンバーの何人かでトレードバトルを有志開催するようです。

詳細は不明な部分もありますが、また盛り上がりそうですね。