new!最強の取引所クリプトGT
CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT(クリプトGT)サポートライン・レジスタンスラインを使ったトレード戦略

 

とりにく
とりにく
とりにくだピヨ!

 

CryptoGT登録して始めてみたけど、まだいまいち使い方がわからないピヨ・・。

よく聞くライントレードってなに?

BTCFXで注意すべきラインは具体的にどこなの?

今回はCryptoGT(クリプトGT)で使われているプロ用トレーディングシステムMT5(MetaTrader5)のテクニカル!レジスタンスライン・トレンドラインの引き方をチェックしていくピヨ!

サポートラインとは

サポートラインとは、価格を支持する価格支持線とも表現します。(略してサポライン)。

下値抵抗線と言って、下落しようとする価格の抵抗となっている価格帯のことをいいます。

BTCの価格変動でも、何度も同じ価格帯で上昇に転じる場面がありましたよね?

100万、90万、80万、8000ドル、7000ドル、6000ドルなどの区切りのよい数字や、

MAの200日線(日足の200本移動平均線=200DMA)、100日線などがサポートラインとして有名です。

そのほかにも、何度も同じ価格で反応しているところがあればその価格帯もサポートラインになり得ます。

実際にMT5のラインツールで日足チャートに650000JPYにサポートライン(赤線)を引いてみました。

(ラインの描出方法は最終章でご説明します)

何度も65万に近づいて行きますが刺さっては跳ね返っています。

正直ここ割ったらやばいピヨ・・。

レジスタンスラインとは

レジスタンスラインとは、日本語で上値抵抗線といい、上昇する値段の抵抗となっている価格帯のことをいいます。(略してレジライン)

言い換えると、高値で何度も上昇が止められている価格帯に引くことができる水平線のことです。

200万、100万、10000ドル、8000ドルなど、サポートラインと同じように切りのいい数字や、

200日線、100日線などの長期の移動平均線、そのほかに何度も跳ね返されている価格帯のことです。

こちらも実際にCryptoGTの日足チャートでレジスタンスラインとして750000JPYのライン①(赤)、730000JPYのライン②(黄)を引いてみました。

何度かレジスタンスラインに向かって上昇するも跳ね返されてしまっています。

チャートではこのあと一度75万円のレジスタンスラインを抜けますが

最強テクニカル指標「魔の200日線」に阻まれて戻ってきますw

そう、移動平均線もライントレードの指標としても使えるので重要ポイント!

MA(移動平均線)でもラインを引いてみました。

200日線(200DMA)は今はラインからだいぶ離れてしまっていますが、ラインと価格がぶつかっているところは動きがありますね。

レジサポ転換・サポレジ転換ってなに?

「レジサポ転換」、「レジサポ転換」て耳にしたことあるんじゃないでしょうか?

ラインを突き抜けることでサポートラインとレジスタンスラインの果たしていた役割が逆転してしまうことを言います。

レジスタンスライン(上値抵抗線)がサポートライン(下値抵抗線)としての価格帯維持の役割を果たすようになることです。

具体例を見てみましょう。

最近の1時間足のチャートに750000JPYにライン①(赤)、730000JPYにライン②(黄)を引いてみました。

何度もラインにぶつかっては上昇してサポートライン(下値抵抗線)だったのが、

ガクッとラインを割り込んでからは、そこからレジスタンスライン(上値抵抗線)になっています。

ラインを引くことによって価格の流れの移り変わりを把握することができますね。

CryptoGT(クリプトGT)のMT5でラインを描出する方法

MT5でラインを描画するツールは

チャート画面で右上のタブです

「オブジェクト追加」をタップして進むか、
よく使用されてるオブジェクトのマークをタップするだけでもOK。

 

開くと様々な「オブジェクト追加」ができます。

たくさんのオブジェクトが選べます。(さすがプロ仕様!)

よく使うオブジェクト(黄色枠)

  • 水平ライン
  • 平行ライン
  • 任意の角度のトレンドライン
  • フィボナッチライン
  • エリオット波動               など。

が描出できるようになっています。

試しに「水平ライン」を引いてみます。

右上い水平ラインのオブジェクトマークが出ます。

引きたい価格(下ヒゲや、停滞価格帯など)の場所をタップ。

水平ラインが出て引けました。あとから動かすことも可能。

ラインを長押しします。

ラインの削除もここで行います。

設定を変えるときもここから行きます。

「ポイント」=価格。

ラインの色も変えられます。

 

68万円に設定してみます。

きっちり下ヒゲのラインが68万円で、レジスタンスラインになっていますね。

サポートライン・レジスタンスラインを用いたトレード戦略

サポートラインやレジスタンスラインが引けるようになったら早速それをトレードに生かさない手はありません。

ラインを引ける価格帯はたくさんありますし、レジスタンスラインを1つクリアしても基本的には常に上のラインが待っています。

(最高値を更新すれば青天井ですが、そのためにはBTCの場合200万までいかないと・・・ハァ)

1つ上のレジスタンスラインにショートポジションの指値を置いて、

一つ下のサポートラインにロングポジションの指値を置いておく。これだけでもとても効果があります。

ヒゲキャッチ」と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?

敏腕トレーダー「くりぱか」さんや

仮想通貨FX民の「(/・ω・)/にゃー!」さんもヒゲキャッチについてツイートしてますね。

ローソク足チャートの陰線や陽線の先の長いヒゲの先っぽに指値がかかり、良いポジショニングができた時などによく使われますね。

これはあらかじめサポートラインやレジスタンスラインがどこにあるか考えて指値を置いておかなければできない芸当です。

例を見てみましょう。

前項で説明したラインですね。

サポートライン(青)=680000JPY、

レジスタンスライン①(赤)=750000JPY、②(黄)=730000JPYに設定。

見事にラインに触れたあたりがヒゲの先になっています。

これのオーダーが通れば3万円幅の利益が出ちゃうのです・・すごい威力・・。

1回目のヒゲでとれなくても、何度がチャンスがある場合もあるので、自分でラインを引いて指値を置いておく、というのも戦略の1つです。

  • 何本かラインを引いて、自分の目指すポイントを決める
  • 利確ポイント・損切りポイントを決めてトレードしよう。
  • 中途半端な価格でポジションを取らない。待って見極めよう。

自分でいろいろなラインを引いて、トレードしてみましょう!

おまけ・MA線をサポートラインとして活用する方法

あわせて読みたい
CryptoGT(クリプトGT)のトレードシステムMT5での移動平均線(MA)の使い方!CryptoGT(クリプトGT)で勝率UP・テクニカル指標の基本、移動平均線(MA)を使った初心者向けトレード戦略。MT5(MetaTrader5)でのMAの使い方・描出方法についてわかりやすく図解解説。...

こちらで移動平均線の引き方について説明してますので、ぜひ参照してください!

あわせて読みたい
CryptoGT(クリプトGT)のスマホアプリの使い方を徹底解説日本語対応の海外取引所CryptoGT(クリプトGT)のスマホ・モバイル(アプリ)の使い方・設定方法・二段階認証を画像付きで解説。MT5のチャートの使い方が分かる!初心者にもおすすめ。仮想通貨の空売りが可能。...
あわせて読みたい
CryptoGT(クリプトGT)のデモトレードで脅威の200倍レバレッジを練習仮想通貨FXの海外取引所CryptoGT(クリプトGT)で200倍レバレッジ!デモ口座の登録方法や使い方を図解。BitMEXでさえ100倍なのでヤバいピヨ!その分リスクも大きく負けて損する可能性も高いので初心者はデモトレードでまずは慣れるといいピヨ。スマホで解説。...
あわせて読みたい
CryptoGT(クリプトGT)の特徴・評判と登録方法を図解ピヨCryptoGT(クリプトGT)の評判・口コミを中心にスプレッドや手数料などの取引所の特徴を図解で解説!2段階認証の設定・入金・出金や登録方法。キャンペーン。MT5の使い方。JPY日本円ペアの取り扱い情報やbitmexとの比較。レバレッジ200倍でアルトコインFXができる銘柄一覧。8/6アプリ登場!...

https://buy-bitcoin-now.net/cryptogt/cryptogt-altcoinfx/