new!最強の取引所クリプトGT
ビットフライヤー

【初心者】BitFlyer(ビットフライヤー)新規登録受付開始☆登録方法の最新版

こんばんわ、とりにくです。

久しくBitFlyer(ビットフライヤー)のHP開けてなかったけど、

見たら新規登録受け付け停止中の文言消えてる・・?

まさか・・?

BitFlyer(ビットフライヤー)の概要

BitFlyer(ビットフライヤー)といえば、日本最大のBTCFX取引所です。

もちろん現物の取り扱いもしており、アルトコインも購入することができます。

BitFlyer(ビットフライヤー)

会社概要

会社名 株式会社 bitFlyer
設立 2014 年 1 月 9 日
事業内容 仮想通貨交換業およびブロックチェーン開発・サービス事業
資本金 41 億 238 万円(資本準備金含)
代表取締役 鈴木 信義
本社所在地 〒107-6208 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー
登録 仮想通貨交換業者登録(登録番号 関東財務局長 第 00003 号)
お問合せ https://bitflyer.com/contactpage
主要取引銀行 株式会社三井住友銀行
会計監査人 EY新日本有限責任監査法人
株主 株式会社 bitFlyer Holdings

2014年設立の金融庁認可仮想通貨(暗号資産)取引所です。

BitFlyer(ビットフライヤー)の取り扱い通貨

BitFlyer(ビットフライヤー)の取り扱い銘柄をみてみましょう。

現物

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラッシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

FX

  • BTC(ビットコイン)

唯一、BitFlyer(ビットフライヤー)を利用する中で痛いのが、XRP(リップル)の取り扱いがないことです。

BitFlyer(ビットフライヤー)の新規登録

一瞬、無料アカウント作成というリンクがあるので、できるのかと思いきや、まだできないようです…

今、口座開設できる国内取引所でおすすめはBitpoint(ビットポイント)になります。

デモトレードができる唯一の国内の取引所なので初心者に絶対おすすめです。

こちらから簡単な手順で登録できます↓

あわせて読みたい
BITPoint(ビットポイント)の登録方法なぜ初心者におすすめなのかBitPoint(ビットポイント)登録方法をスマホ画面で徹底解説!売買手数料無料で口座開設入金ボーナス有!国内仮想通貨(暗号資産)FX取引所の中でも激アツキャンペーン実施中!専用アプリ実装済。MT4も使えるプロ仕様。アルトコインも取扱ありで充実の5銘柄。...

\↑期間限定キャンペーン中なのでお早めに/

BitFlyer(ビットフライヤー)のアプリ

BitFlyerウォレット

BitFlyerには「BitFlyerウォレット」というアプリがあります。

残念ながら現在、iOS版しかリリースされておらず、android版は開発中とのこと。

実際業務改善命令などの対応のほうが忙しいでしょうからね・・。

BitFlyer(ビットフライヤー)の手数料

売買手数料

BitFlyerでは現物のBTC以外は売買手数料が無料です。

現物の売買手数料は取引量によって変わるようになっています。

アルトコインも手数料は無料ですが、販売所になっていてスプレッドが広いので

あまりオススメできません。

出入金手数料

提携している三井住友銀行だと比較的安く出金することができます。

ある程度まとまった利益が得られてから出金するのがよいでしょう。

仮想通貨送金手数料

仮想通貨を出金するのにはある程度ネットワーク手数料がかかります。

Lightning FX SFD (Swap For Difference)

ビットフライヤーでFXをやるときに絶対に気を付けなければいけないのが

このSFD(Swap For Difference)という価格乖離是正システムです。

現物価格とFX価格に強い乖離が起こったときに発生する手数料で、

ときには利益をごっそりもっていかれるほどなので気を付けましょう。

BitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ

現在は、BitFlyer(ビットフライヤー)の最大レバレッジは15倍まで

しかし現在、仮想通貨(暗号資産)FX取引の規制強化で

推奨レバレッジが4倍までと提言されています。

2019年4月22日よりBitFlyerでもレバレッジ変更が施行されることが決定しました。

現行:最大レバレッジ15倍→新:最大レバレッジ4倍

BitFlyer(ビットフライヤー)を使うメリット

資本金の多さ

一つが「資本金」。

日本を代表するたくさんの大企業がビットフライヤーに出資しています。そのため資本金がほかの仮想通貨取引所と比較してもダントツのナンバーワン。

もちろん資本金だけで、企業の価値を判断することはできませんがこれほどたくさんの企業から将来性を期待されている企業が、破綻するようなことはまず考えられないでしょう。

ビットフライヤーは資本金(資本準備金を含む)は41億円を超えており、日本を代表する仮想通貨取引所といえます。

日本最大の取引量

他の取引所よりも先駆けで新聞広告を出したりした宣伝効果で

国内で取引出来高量がダントツトップ!

ビットフライヤーを利用すると、板取引でビットコインの売買ができ、ビットコインの取引量がビットフライヤーは国内では最大規模。

そのため、ビットフライヤーの板は常に厚くなりやすく、スプレッドが狭くなりやすいです。

スプレッドが狭いと、買値と売値の差が縮小されるので、常に有利な条件でビットコインの売買ができるようになります。

しかし流動性が高いビットフライヤーならば約定拒否になる心配がありません。そればかりか、注文を出せば通りやすく、約定率も安定しています。

BitFlyer(ビットフライヤー)のデメリット

アルトコインが高い

アルトコインは販売所しかなく、かなり高めの価格で買うことになります。

アルトコインを買うのであればbitbank(ビットバンク)を利用しましょう。

取り扱いの仮想通貨が少ない

代表的な仮想通貨は取り扱っていますが、XRP(リップル)の取扱いがないのが痛いところ。

仮想通貨投資を始めると、どうしても他の仮想通貨も気になりますし、複数の取引所に登録しておくことを検討してみてもいいでしょう。

サーバーが重い

BitFlyer rightningというFX専用のシステムを使っていますが、

注文が集中するとやはりサーバーが重く、オーダーが通らないということが多発します。

いきなり板が飛んでとんでもないヒゲがついたりしたことも。

BitFlyer(ビットフライヤー)FXの口コミ

比較的に使いやすいという意見が多く見られます。

BitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法

まずビットフライヤーにアクセスします。

アカウント作成は無料で出来るのでサクッと登録しておきましょう。

FacebookでもYahoo!IDでもいいと思いますが、普通にメールでやってみます。

メールアドレスを入力すると認証用キーワードを送ってくれるので

メールを確認します。

来ていないときは迷惑メールフォルダを確認しましょう。

メールアドレスを入力するとキーワード(赤)が送られてきます。

入力して「アカウント作成」に進みます。

規約をよく読み、4つすべてにチェックを付けてください。

「BitFlyerをはじめる」をクリック。

画面の案内に従って個人情報の入力をしていきます。

電話番号は固定電話or携帯電話のどちらかでOKです。

入力が終わったら、確認画面になりますので入力間違いがないか再度確認して

登録します。

続けて本人確認書類も提出しておきましょう。

有効な本人確認書類は写真付きの証明書で

・運転免許証(両面)
・パスポート(顔写真入りページ)
・ 外国人登録証明書(両面)
・マイナンバーカード(表面のみ)

この4種類のどれかを提出します。

あとは住所にはがきが送られてきますので、受け取ったら手続き完了です。

現在はまだ新規登録が再開されておらず、開設しようとしても

こういったメッセージが出ます。

市場参加者が増えない限り、過疎化するだけなので、早く再開してほしいです。

まとめ

駆け足で説明してしまいましたが、BitFlyerは現在のところまだ新規口座受付は再開してありません。

しかし、いつまでもこの状態が続くようなことはないと考えられます。

とりにくも実は仮想通貨をはじめたのが遅く、気づけばBitFlyerを開設することができませんでした。(なのでまだもってません)

皆さんも再開したらすぐ波に乗れるように準備しておくことが大切です。