new!最強の取引所クリプトGT
仮想通貨

最大4倍!?仮想通貨FXのレバレッジ規制が厳しすぎる!!

どうも、とりにく(@crypto_toriniku)です

突然ですが、

仮想通貨FXのレバレッジ規制厳しすぎませんかぁぁ!!!??

いくらなんでも4倍ってなんですか?え?

https://twitter.com/junmaru_btc/status/1100326478510645248

仮想通貨交換業協会からの厳しいリスク制限

2018年、突然のニュースが。

【仮想通貨、証拠金倍率4倍以内=業界団体、自主ルールで推奨へ】

日本仮想通貨交換業協会は、投資家が担保に預けた資金の何倍もの金額で取引ができる「証拠金取引」について、現在は上限が無制限の倍率を証拠金の4倍以内とするよう推奨する自主ルールを設ける方向で調整に入った。

仮想通貨の急激な価格変動で投資家が多額の損失を被るのを防ぐ狙い。

店頭外国為替証拠金取引(店頭FX取引)の証拠金倍率の上限は現在25倍であり、仮想通貨取引から顧客が離れる懸念があるため、交換業者が倍率を独自に設定できる経過措置を講じる。
しかし、自主ルール策定から1年以内に4倍以内にルールを統一する

引用:コインテレグラフ

これまで仮想通貨の証拠金取引(ビットコインFX)の証拠金倍率は、FX(外国為替証拠金取引)の規制内容=レバレッジ25倍以内を適用して運用されてきましたが!!。

今回、明確に仮想通貨の証拠金取引(ビットコインFX)の証拠金倍率は4倍と規制されました!

1年限りの猶予期間がありますが、国内の仮想通貨業者による証拠金取引にはレバレッジ4倍で統一されることになります。

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)とは?

日本の仮想通貨取引所16社により設立された団体。
BitFlyer、bitbank.cc、CoinCheck、SBIVC、GMOコイン、DMMビットコイン、FISCO、Zaif、マネーパートナーズなどのほとんどの国内仮想通貨交換業者が所属している。

続々と最大レバレッジを4倍へ変更

この規制が発表されて以降、国内の仮想通貨交換業者で続々と規制に合わせたレバレッジ変更が行われはじめました。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のレバレッジ倍率変更

DMM Bitcoinのレバレッジ倍率変更スケージュールが決まりました。

2018年12月26日より最大レバレッジ5倍→4倍に。

BITPoint(ビットポイント)のレバレッジ倍率変更

本件の変更は、当社が加盟する一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(資金決済法第87条に基づく認定資金決済事業者協会)の規則(「証拠金取引に関する規則」第4条(証拠金率)第2項の第1号)を受けた変更となります。

2018年12月28日より最大レバレッジを25倍→4倍に変更。

BitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ変更←New!

2019年4 月 22 日の変更点の詳細は以下の通り。

1.新規発注のみ最大レバレッジ倍率を 15 倍から 4 倍に変更

Lightning FX と Lightning Futures では評価証拠金に対して最大 15 倍(レバレッジ 15 倍)取引が可能→新規発注時の最大レバレッジ倍率を 4 倍に変更。

上限レバレッジ4倍になるとどうなる?

そもそもなんで仮想通貨FXの上限レバレッジを4倍までに規制しようとしてるの?

狙いとしては、「ボラティリティを抑え投資家の損失を防ぐこと。

なんて綺麗ごと並べてますが実際は「会社の損失を最小限にしたい」が本音。

仮想通貨の現物投資でも大きなボラティリティがありますから、
その仮想通貨を信用取引(FX)するのはハイリスクな金融商品と言わざるをえません。

原資金が少ない初心者にとっては利益を出すのが難しくなる

また、上限レバレッジが下がるということは、証拠金に対して保有できるポジションが少なくなるということです。

もしも、100倍のレバレッジがかけられたら、原資に対して利益は100倍になります。

しかし4倍しかかけられなくなったらどうなるのでしょうか?

レバレッジが少ししかかけられないので、利益の増え方も少しずつしか増えませんし、

大きな価格幅を狙っていかないといけないので、

原資金が少ない初心者にとっては利益を出すのが難しくなります

海外仮想通貨FXはレバレッジ規制対象外

  

海外の仮想通貨FX取引所で日本語サポートのある取引所は、

・CryptoGT(クリプトGT)・・最大レバレッジ200倍

・BitMEX(ビットメックス)・・最大レバレッジ100倍

この2つの取引所は利用者も多く、有名です。

CryptoGT(クリプトGT)、BitMEX(ビットメックス)は日本の取引所ではないので、

金融庁の定めるレバレッジ規制には該当しません。

これは絶対、海外仮想通貨取引所の需要が上昇し、日本人による駆け込み需要で出来高アップ→出来高が増えるとスプレッドが縮小

スプレッドが狭い→利益が出しやすいと評判に利用者がさらに増える好循環へ!!

原資の少ない初心者にオススメの取引所

日本のレバレッジ規制が厳しくなったら海外の仮想通貨FXを利用してみましょう。

もちろん、厳しくなる前から使っているかたはもう旨味を感じていますよね?笑

レバレッジ重視ならCryptoGT(クリプトGT)が一番オススメ!

どの仮想通貨ペアでも最大レバレッジ200倍

海外の取引所なのに完全日本語表記・24時間サポート体制&対応が早い!

サーバーもサクサクで注文が通らないことはありません!Zaifやビットフライヤーのように大量ロスカットの悲劇もないです

登録はこちらをクリックして始める↓↓

あわせて読みたい
【図解ピヨ】CryptoGT(クリプトGT)の特徴・評判と登録方法CryptoGT(クリプトGT)の評判・口コミを中心にスプレッドや手数料などの取引所の特徴を図解で解説!2段階認証の設定・入金・出金や登録方法。キャンペーン。MT5の使い方。JPY日本円ペアの取り扱い情報やbitmexとの比較。レバレッジ200倍でアルトコインFXができる銘柄一覧。8/6アプリ登場!...

\今なら、とりにくブログから登録で入金ボーナスで20%分がついてくるキャンペーン中!/